vaiableさんのルート一覧へ Yahoo!アカウントで[ログイン]

公開されている情報はすべて著作権で保護されており、複製、複写、販売などの二次利用および転載を禁止します 。
また情報の著作権はその情報の作成者に帰属します。
タイトル 江戸六地蔵
詳細 江戸六地蔵(えどろくじぞう)とは、宝永から享保年間にかけて江戸市中の六箇所に造立された銅造地蔵菩薩坐像である。

江戸深川の地蔵坊正元が、宝永3年(1706年)に発願し江戸市中から広く寄進者を得て、江戸の出入口6箇所に地蔵菩薩像を造立した。病気平癒を地蔵菩薩に祈願したところ無事治癒したため、京都の六地蔵に倣って造立したものである。

鋳造は神田鍋町の鋳物師、太田駿河守藤原正儀により、像高はいずれも270cm前後である。造立時には鍍金が施されていた(東禅寺の第二番は弁柄色の漆)が、現在では金箔の痕跡をわずかに残すだけとなっている。それぞれの像内には小型の銅造地蔵菩薩坐像や寄進者名簿などが納められていた。また、像や蓮台には寄進者の名前が刻まれており、寄進者は合計すると72000名を越える。 
タグ 一覧 寺社 巡礼

操作



by panoramio api
[サブパネルのON/OFF]
プロフィール
ストリートビュー

自転車向け地図表示(USA only) 勾配強調表示(OFF推奨)
勾配強調閾値:%
24h健康ランド表示

[一括ポイント間引き]
閾値
角度:度以下
距離:メートル以下

ウェイポイント

ルート

(chart area)