vaiable.com

‘開発日記’ カテゴリーのアーカイブ

ルート作成ツールのi-mode用ルートビューアにウェイポイント表示

2010/07/08

i-mode用のルート閲覧画面でもウェイポイントを表示するようにしてみた。
http://vaiable.com/@test/list.php
(i-mode端末以外はPC用ページにリダイレクトされます)

画面下のほうに、ウェイポイント名と地図上ウェイポイントへのリンク一覧がある。
これでGPSが壊れてもルートと自位置の比較とか最寄のポイントがわかるようになった。

ただちょっと問題があって、
ウェイポイントを表示するためにURLの文字数をけっこう消費してしまうので
今まで以上にルートの間引きがされてしまっている状況。
ルートの詳細を表示するページと分けて作ったほうがいいのかなと思案中。

しかし、なぜi-mode専用でGPS機能に非対応なのか。
それは、僕のモバイル環境がまさにそれだから。
マイノリティ万歳!
iPhone用のページは作ってもいいような気もするけどテスト環境が・・・。
だれかテスターはいないかねえ・・・。

ルート作成ツールにポイント間引き機能を追加

2010/07/02

作成された/作成中のルートのポイント数を間引く機能を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php

いままでルートを引いたときにしかポイント間引きができなかったが
今回の機能追加により、ルート作成中はもちろん、ルート閲覧中でも
自由にポイントを間引くことが可能になった。
閾値を色々いじると間引き率が変わるので色々試してみるといいかも。

ちなみに、間引き前とルート比較したいのであれば、
地図の左側にあるルート一覧から現在閲覧中のルートを選択すれば
どんな感じで間引かれているか視覚的に確認することが可能。

ルート作成ツールにGPXファイルDL機能を追加

2010/07/01

作成された/作成中のルートをGPXファイルとしてダウンロードする機能を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php

以前から機能としてはあったのだけどいまいちな感じだったので実装しなおした。
ルート編集/参照画面以外に一覧画面からもダウンロード可能に。
ルートを保存する前でもダウンロードできる。

あと、ルート一覧にページングを実装してたりする。

ルート作成ツールにルートラボからのインポート機能を追加

2010/06/26

ルートラボで作られたルートをインポートする機能を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php
画面右メニューの「読込」を開き、
ルートラボのルート閲覧画面のURLをコピペして
「インポート(ルートラボ)」ボタンをクリックすると
ルートラボのルートが画面に表示される。
そのまま登録もできる。
しかし、編集しようとすると、ルートが再計算されてしまうので要注意。

ルート作成ツールにi-mode用画面を追加

2010/06/23

i-mode用のルート閲覧画面を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php
PC用の画面下にあるQRコードからi-mode用のサイトへ飛べる。

オープンiエリアを使って自分の位置も表示できるようになってるので出先でルート確認できる。
ケータイのGPSはよく解らんのでそのうち実装できたらする。
あと他のキャリアのブラウザはさらによく解らんので遠い未来に実装するかもしれない。
もしくは、しないかもしれない。

なお、地図表示に使っている”google static maps api”にルート情報を文字列で送ってルート表示させているのだけど
このAPIはURLの長さに制限があるので機械的にルートを間引いてる。
さらに、docomo自体にもURL長の制限があるっぽいので、さらに短くする必要があるという・・・。

6/24追記:
PC用のビューアでIEのときに表示が崩れる現象を修正。
IEはバージョンがあがってもやはりIEなのだなあ・・・。

ルート作成ツールに複数ルート同時表示機能を追加

2010/06/23

地図上に現在編集中/表示中のルート以外のルートを表示させる機能を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php
地図の左側にあるルートの一覧をクリックすることで
地図上にピンク色の線でルートが表示される。

あと、いくつかバグ修正。
・ルート参照モード時にGPXファイルがダウンロードできない件を修正。
・ルート参照時にプロファイル上部のスライダーが機能しない件を修正。

ルート作成ツールに道の駅マーカーの表示機能を追加

2010/06/22

地図上に道の駅マーカーを表示させる機能を追加。
http://vaiable.com/@test/list.php
メニューの表示設定2に項目あり。
ほんとは地図上に見えている分だけ動的に表示するようにしたいのだけど、
それをやるにはGIS関数を扱えるDBにしなくてはいけないので(現在使用しているDBはsqlite)
しばらく先の実装になるのかなあ。

あと、自分でルート作成して見つけたバグ修正/機能修正。

ルート作成ツールに一覧画面とビューア画面を追加

2010/06/18

ルートの一覧を表示する画面と、ルートを閲覧するビューア画面を追加した。
http://vaiable.com/@test/list.php

デザインは二の次にして、とりあえず最低限の機能を実装。
UI設計はしてないのでルートラボっぽいイメージでざっくりと作った。

これでやっと大枠が出来上がったことになるのかな。

ルート作成ツールに登録機能を実装してみた。

2010/06/06

そろそろデータ管理部分にも手を出さないといかんよね・・・

ということで、登録機能を実装。

ついでにメニューも構成を少し変えてみた。

http://vaiable.com/@test/googlemapsapitest.php

一度登録したあとに、そのルートを読込んで登録し直せば、修正登録になる。

あんまり(というかほとんど)デバッグしてないので、不具合はあるかも。(というか絶対にある)

現在のところ、ユーザ管理機能を実装していないので

誰もが皆「anonymous」さんとしてデータを登録する形になる。

ユーザ管理の仕組みにはOpenIDを使おうかなと思っているのだけど

飲み込みが悪いのでイマイチ理解できてない・・・。ちょっと時間かかるかも。

ルート作成ツールにポイント間引き機能を追加してみた

2010/06/04

ある程度出来上がったので今日はデバッグも兼ねて色々触っていたのだけど

ちょっと動作が重い。とくにルートが長くなるに従いそれが顕著に。

ということでポイント間引き機能を追加してみた。

http://vaiable.com/@test/googlemapsapitest.php

間引きするタイミングは線を引いたとき。

なので、線を引き終わってからでは間引きできない。(いまのところ)

そして、「ルート設定3」に間引き機能の設定項目がある。

間引き時に使用する閾値は二つ。

できとうに数字を変えてみれば、なんとなく意味がわかるかなあ・・・。

つーか間引き処理ってこんな感じでいいのだろうか?